スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >住み替えの選択肢  >>高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅

住み替えの選択肢

高齢者向け優良賃貸住宅とは
「60歳以上の高齢者を入居対象者とした、
バリアフリーなどの一定の条件を満たす、
都道府県知事などの認定を受けた賃貸住宅です」

高齢者専用賃貸住宅との違い
高齢者専用賃貸住宅は、単に入居対象者をシニア世代に
限定しているだけであるのにすぎません。
高齢者向け優良賃貸住宅は、バリアフリーや、居室の広さ
仕様などにも一定の条件を満たした住宅です。
また、家賃は所得によっては助成金が受けられます。
最大で家賃の1/2助成金が受けられるため、所得が少ない世帯
にとってはメリットといえるでしょう。

【高齢者向け優良賃貸住宅 概要】

契約形態
賃貸借契約・終身建物賃貸借契約

入居対象者
60歳以上の単身者。配偶者、60歳以上の親族の同居も可能
・連帯保証人、身元引受人が必要
・連隊保証にがいない場合は、
「高齢者居住支援センター」(高齢者住宅財団)による
 家賃債務保証制度も利用できます。相談下さい。
 また、高齢者向け優良賃貸住宅では、貸し主が希望すれば、
 利用することができます。

入居時
・敷金(家賃の3ヶ月分まで)
・火災保険 (物件による)
・仲介手数料(不動産会社を介した賃貸の場合)
 
月々の費用
・家 賃(物件による)
・共益費(物件による)など

設備仕様
・居室の広さは 25㎡以上
・段差解消、階段寸法、手すりの設置など一定の要件を満たす
・キッチン、トイレ、浴室・洗面台、収納スペース完備
・緊急時対応サービスの利用も可能
緊急時対応サービスは、いざというときにスタッフが駆けつけて
くれるので、一人暮らしや、高齢夫婦の暮らしにとって、安心材
料にもなります。

事業者は都道府県知事に登録、
一定の情報を開示する決まりがあります。
登録内容は誰でも閲覧でき、(財)高齢者住宅財団
のホームページでも紹介されています。

★高齢者住宅財団
高齢者住宅財団ホームページhttp://www.koujuuzai.or.jp/

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
高齢者専用賃貸住宅
高齢者向け優良賃貸住宅
ケアハウス
住み替え支援機構(マイホーム借り上げ制度)
リバースモーゲージ(金融機関の融資のしくみ)

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー