スポンサードリンク


ケアハウス

住み替えの選択肢

ケアハウスを一言で表すとしたら
「見守りと食事の付いた住まい」
という言葉で表現できます。

「ケア」というと、介護が付いているように思われがちですが
実際には介護ができるような態勢は整っていません。
身の回りのことは一応できるけれど、一人で生活する
のには多少不安がある前期高齢者向けの施設です。
介護が必要になった場合の対応は、各ケアハウスによって異な
るので、入居前に確認しておく必要があります。

だいたい24時間スタッフが常駐しており、緊急の場合
助けを求めることもできます。
食事は併設の施設で提供される場合が多く、お風呂は
共同です。

外出や外泊も自由にでき、前期高齢者には自宅にいるときと
変わらない生活が送れます。

【ケアハウス 概要】         

入居対象者
60歳以上の単身者。その配偶者
身の回りのことは自分でできるけれど、生活に不安がある人

設備仕様
個  室 21.6㎡以上
2人部屋 31.9㎡以上
施設によって異なるが、居室に洗面台、トイレ、緊急通報装置
冷暖房、ミニキッチンなどの設備がある。

入居時に掛かる費用
入居一時金 施設によって必要な場合がある。
管理費 家賃相当額。一括納入方式、分割式、併用方式などがある。
 
月々の費用
管理費(家賃相当額)
生活費 食費・入浴・清掃など
事務費 施設運営のための人件費・修繕費など
その他 水道光熱費・通信費

高齢者住宅財団
「高齢者居住支援センター」(高齢者住宅財団)による
家賃債務保証制度については下記「高齢者住宅財団」をクリック
高齢者住宅財団ホームページhttp://www.koujuuzai.or.jp/

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
高齢者専用賃貸住宅
高齢者向け優良賃貸住宅
ケアハウス
住み替え支援機構(マイホーム借り上げ制度)
リバースモーゲージ(金融機関の融資のしくみ)

theme : もっとイイ暮らし
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー