スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >老人介護施設の種類 >>介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健)

老人介護施設の種類

介護老人保健施設は、通称「老健」とも呼ばれ、病状が
比較的安定した方に、日常生活の介護や看護、機能訓練
(リハビリテーション)を提供しています。
理学療法士や、作業療法士などによって、機能訓練
(リハビリ)に力を入れているのが特徴です。

医師も配置してあるため、一定の医療も受けられますが、
集中的な治療が必要とされる場合など、医療機関に入院
する事になります。

介護老人保健施設は、リハビリを通して、在宅での生活
復帰を主な目的としているところから、入所の期間に限
りがあります。だいたい3~6ヶ月が目安でしょう。

「要介護1」以上であれば利用申し込みできますが、実
状は、「要介護3」以上の利用が多いです。

入所中に退所を打診された場合は、看護士あるいは、医療
機関内にある「医療相談室」に相談してみる方法もあります。

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
介護保健施設の種類
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設(老健)
介護療養型医療施設(介護療養病床)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー