スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >サービス付き高齢者住宅 >>サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

サービス付き高齢者向け住宅のデメリットは

比較的家賃が高い
連帯保証人を求められる
重度の介護状態では、基本的に住み続けられない

という点でしょう

家賃は仕方ないのですが
重度の介護状態になった時に「サ高住」に住み続けることができないのは大きなデメリットだと思います。

大きな病院の連携施設などは病院に一旦入院し、退院後にまた入居する事もできますが、その場合、入院期間中の家賃を支払い続ける事になります。

入居基準も合って、年齢制限、身の回りのことが自分でできる、認知症・徘徊ではない、感染症にかかっていない…など、施設によって基準はさまざまです。

入居に関しては連帯保証人を求められます。

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー