スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >高齢者の徘徊 >>高齢者の徘徊を地域で見守る取り組み

高齢者の徘徊を地域で見守る取り組み

高齢者徘徊を地域で見守る取り組み

高齢者の徘徊が問題になっています。

つい先日も、目を放した隙に認知症の老人が線路に入りJRをとめたことでの賠償責任の裁判があったばかりなので記憶に新しい方も多いでしょう。

認知症で一番困るのは、体はとても元気なので自由に動き回ったり、出かけたりすることができる体力がある場合です。

自宅にじっとしていてくれればいいのですが、一歩外出すると、自分の家がどこなのか分からなくなりますし、そうなると探しようがないので困ります。

自治体によっては徘徊を地域で見守り活動をしているところが多くあります。

まずは自治体に認知症の登録を行い、シールを配布してもらいます。

シールには番号と3次元バーコード、そして徘徊見守りシールのマークが入っています。

認知症の高齢者の靴や上着、シャツの胸の辺りなど、目立つところに見守りシールを貼っておけば、迷子になった時に、連絡してもらえるというシステムです。

3次元バーコードは携帯電話で読み取ることができ、市役所などの電話番号が入力されているため個人情報やプライバシーは守られます。

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。