スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >見守りサービス >>認知症で迷子にならないための対策

認知症で迷子にならないための対策

認知症で迷子にならないための対策

認知症症状が進んでくると、勝手に外出して、自分の居場所が分からなくなる心配が出てきます。

毎年そうした、帰る家が分からなくなって施設に預かってもらうケースも多くみられるといいます。

家族と一緒に住んでいる場合は見つけてもらえる可能性もありますが、独居老人の場合、認知症が進んでくると、自分で自分の家に帰ることができなくなり、探してくれる人もいなくて、保護されたところで余生を過ごすケースもあります。

認知症の症状が出始めたら、迷子になっても家に帰る事ができるよう、まずは近所の人と良い関係を持っておくことが大事です。

持ち物には名前と連絡先の電話番号を書いておきます。

住所を書くと、防犯上良くないので、連絡先の電話番号を記載するのが良いでしょう。

更に認知症の症状が進むようであれば、ケアマネージャーなどと相談の上、グループホームへの入居も視野に入れておくと良いでしょう。

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。