スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >高齢者安否見守り >>高齢者施設に入居するか自宅で過ごすかの選択

高齢者施設に入居するか自宅で過ごすかの選択

高齢者施設に入居するか自宅で過ごすかの選択

国民の3人に1人が65歳という時代を向かえ、孤独死ではニュースにもならないのが日常です。

子供と同居している方は別として、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅への入居を選ばないのであれば、最後まで住み慣れた家で過ごす選択をする人も多くなってきました。

老人ホームに入ったからといって、あんしんの生活が待っているわけではないからです。

入居時はよくても、スタッフだっていつまでも同じ人だとは限りません。

運営会社の経営が苦しくなれば、同じようなサービスが受けられなくなる可能性だってあります。

都内のひと時が会い仲良くなっても、亡くなって新しく入居した方と折り合いが悪ければ、苦しい毎日を送ることになるでしょう。

色々考えると、長年住み慣れた自分の家で、好きなように暮らすのがいいという人が増えてきているのです。

有料老人ホームに入居するか、サ高住(サービス付き高齢者住宅)に入居するか、高齢者安否見守りシステムを整えたうえで自宅で暮らすか、難しいところですが、安否見守りサービスを利用しながら、長年住み慣れた家で暮らすというのも、大きな選択しだと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー