スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >高齢者安否見守り >>高齢者見守りは4つのタイプがある

高齢者見守りは4つのタイプがある

高齢者見守りは4つのタイプがある

スープの冷めない距離…
親と子供がお互いのプライバシーを保ちつつ、いい関係でいられる距離のことですね。

今は核家族化が進んで、結婚しても親と同居する子供は少なくなりました。

親も、一緒に住んでストレスを抱えるよりも、お互いによい関係を保ちたいと思うのかもしれません。

60代までは親もまだまだ元気ですが、高齢になってくれば、そうも行かなくなってきます。

近くに住みながら、緊急時にはSOSを出せるような、そしてすぐに駆けつけられるような見守りの体制が大事になってきます。

そんな高齢者を対象にした安否見守り のサービスもここ数年でかなり充実してきました。

センサー型
「通報型」
「コミュニケーション型」
「その他、複合型」

必要と思う見守りサービスをチョイスすることができるんですね。

それぞれにメリットでメリットがあるので、まずは情報を集め、どのようなサービスがあって、どのサービスが必要かを選ぶことが重要になってきます。

見守る側、見守られる側の双方でよく話し合うことも大事です。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー