FC2ブログ
スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >高齢者を取り巻くニュースあれこれ >>認知症で徘徊が始まったらやっぱりGPSに頼る?

認知症で徘徊が始まったらやっぱりGPSに頼る?

認知症徘徊が始まったという話をよく耳にするようになりました。

人口の4人に1人が65歳という高齢化社会にあって

認知症問題は避けては通れない課題です。

認知症になっても体は健康で

何処にでも自分で出かけられてしまう。

そうなると同居する家族はひと時も目が離せなってしまいますよね

セコムではGPSを使ったココセコムというサービスがあって

端末を持ち歩くことで、徘徊で居場所がわからなくなった時

セコムの隊員が現場に急行してくれます。

月額使用料は1000円くらいだったかな

全国に拠点の多いセコムだから安心ですよね。

ほかにも徘徊対策としてはビーコンを使った「キンセイ」というわーびすもあります。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

関連サイトリンク集

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。