スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >住み替え準備 >>老い支度はいつから始めるのが最適か

老い支度はいつから始めるのが最適か

老い支度はいつから始めるのが最適か

老い支度、最近良く耳にするようになった言葉です。

これから先、どんどん年を取っていく事を想定して、そのための準備を始めましょう・・・ということ。

では一体いつ頃から老い支度を始めればいいのでしょう。

一般的に高齢者といわれる年齢は65歳から

厚生労働省の介護保険の仕組みでは、65歳になると前期高齢者、75歳以上になると後期高齢者と分類されます。

65歳というと、今の時代はまだまだ若い感じがしますが、それでも公的な機関では65歳からが高齢者という定義になっているんですね。

年金の支給開始を考えると、線引きとしては引きやすい年齢かもしれません。

でも、老い支度も、この頃から少しずつ始めていくといいかもしれません。

年を取ってしまってからでは、不用品の生理も、引越しも体力が持たなくなってしまいますから。

65歳くらいから少しづつ生活スタイルを見直したり、身の回りのものを整理していくのには丁度良い年齢だと思います。

そして、老後をどのように過ごすのかのプランをしっかり考え始めるのにもいい時期です。

最後は老人ホームやサービス付き高齢者住宅でむかえるのか、それとも住み慣れた自宅で過ごすのか。

自宅で暮らすのであれば、時期を見てリフォームも考えておく必要があります。

また持病を持っているなら、高齢者用の安否確認、見守りサービスも視野に入れておくと安心です。

今必要なサービスだけでなく、5年後10年度の生活を想定し、柔軟なプランを検討しておくといいですよ。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー