スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >住み替え「契約形態」の違い >>終身建物賃貸借契約とは

終身建物賃貸借契約とは

住み替え「契約形態」の違い

終身建物賃貸借契約」は、借家人が生きている限り契約が継続し、
死亡した時点で契約が終了すると言うものです。契約更新の必要
がないため、安心して住まうことができます。

また、礼金や更新料が不要という点もメリットでしょう。「賃貸契約」
との違いには、借家権の相続ができないという点も挙げられます。

ただ、現在のところ、終身建物賃貸借契約の形態をとっている住宅
は、多くありません。というのも、終身建物賃貸借契約の契約形態
にするには、事業者が、都道府県の認可を得なければならないから
です。また、高齢者に配慮した設備、機能の設置が必要です。
他にも、前払い家賃の保全義務など、認可のハードルが高いことが
その理由といわれています。

ちなみに「賃貸借契約」とは、
一定の期間を定め、賃料を支払い、住居を借りる契約です。入居時
には、一般的に「敷金」「礼金」が必要。
契約満了後も、契約を更新することもでき、住む側の権利は「借地借
家法」で守られています。入居者が死亡した場合、賃貸借の権利は
相続人に相続されます。事業主が変更になった場合でも、退去を迫ら
れることはありません。
シニア向けの住み替えでは、高齢者専用住宅、高齢者向け有料
賃貸住宅がこれに当たります。

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
所有権契約(購入)
有料老人ホーム 利用権契約とは
終身建物賃貸借契約とは
住み替え支援機構(マイホーム借り上げ制度)
リバースモーゲージ(金融機関の融資のしくみ)

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。