スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >入居一時金返還トラブル >>有料老人ホーム・入居一時金「保全」の義務

有料老人ホーム・入居一時金「保全」の義務

有料老人ホーム入居一時金・トラブル

老後の大切な資金を託して入居する「有料老人ホーム」、
入居一時金はかなりの額にのぼります。
入居一時金のなかには、償却期間内の退去であれば、
返還されるお金も含まれています。
今の時代、事業者が倒産しないとも限りません。
2006年4月以降に開設される有料老人ホームでは、
返還対象となる金額について、500万円か返還債務残高の
どちらか低い方の金額、「保全」が義務づけられました。
2006年4月以前の施設については、「保全」の義務が無い
ので、入居の際は確認が必要です。

「保全」の方法には

・銀行による連帯保証
・親会社による連帯保証
・保険会社による保証保険契約
・信託銀行による金銭信託契約
・全国有料老人ホーム協会 入居者基金

などがあります。
大切な老後の資金を失うリスクを避けるためにも、契約の前に、
「保全」の有無、保全の方法を確認しておきましょう。

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
有料老人ホーム入居一時金・トラブル
有料老人ホーム・退去に関するトラブル
有料老人ホーム・償却システム
有料老人ホーム・入居一時金「保全」の義務
有料老人ホーム・一時金の返還(短期解約特例制度)

theme : 生活向上のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。