スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >入居一時金返還トラブル >>有料老人ホーム・一時金の返還(短期解約特例制度)

有料老人ホーム・一時金の返還(短期解約特例制度)

有料老人ホーム・一時金の返還トラブル注意点

有料老人ホームは、入居時に「入居一時金」の支払いが必要です。
これは、施設や施設サービスを利用する権利を得るためのものです。
有料老人ホームが増えるのに比例して、やはりトラブルも増加傾向にあります。

入居一時金の返還トラブルが多くなってきたことを受け、クーリングオフ
(短期解約特例制度)のしくみが導入されました。

クーリングオフ(短期解約特例制度)のしくみは・・・
2006年7月以降の契約について、有料老人ホームに入居後3ヶ月(90日)
以内に退去、あるいは契約を解除する場合、入居一時金の全額を返還する。
但し、入居期間中の居室などの利用料は請求される。

というものです。
2006年4月には、入居一時金の保全が義務づけられ、事業者が倒産した
ときなどにも対処できるようなしくみもできあがってきました。

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




☆閲覧の多いページ(ありがとうございます♪)
有料老人ホーム入居一時金・トラブル
有料老人ホーム・退去に関するトラブル
有料老人ホーム・償却システム
有料老人ホーム・入居一時金「保全」の義務
有料老人ホーム・一時金の返還(短期解約特例制度)

theme : 生活向上のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。