スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >家賃債務保証制度とは >>家賃債務保証制度とは(利用条件)

家賃債務保証制度とは(利用条件)

家賃債務保証制度とは

身元引受人は、家賃や利用料の支払い義務が発生するため、
引き受けてくれる人を捜すのが難しいと思う方もあると思います。

高齢者向け賃貸住宅に入居が決まっているいる場合には、
高齢者住宅財団の『家賃債務保証制度』を利用する方法も
あります。

『家賃債務保証制度』とは
60歳以上の方で高齢者向け賃貸住宅に入居が決まっている場合、
一定の費用を支払うことで、問題が発生した場合の家賃の支払い債務を
保証してくれる制度です。
制度利用者は、一定の費用(保証期間に応じた保証料)を負担。
高齢者住宅財団が債務を支払った場合、後日弁済します。

 【保証期間
  原則2年 
  (更新や変更も可能です。気軽に高齢者住宅財団に相談してください)

 【対象物件
  高齢者向け優良賃貸住宅高齢者専用賃貸住宅です。
  (高齢者住宅財団のホームページで利用できる賃貸住宅も探せます)
 
 【保証料
  保証期間に応じた保証料を一括払い
  (目安として2年間の利用で月額家賃の35%くらいです)
 

※滞納している家賃(管理費・共益費含む)の他に、
  敷金に当たる原状回復費用などが保証の対象になります。
  但し、保証されるのは、家賃滞納などで賃貸住宅を退去
  する場合に限られます。
  『家賃債務保証制度』は身元引受人がいる場合でも利用可能です。
  金銭的な負担をかけたくない方にとっても利用しやすい制度だと
  思います。

関連ページです。併せてご覧下さい
施設の契約時に必要な身元引受人
任意後見制度の利用
任意後見制度・利用の流れ
家賃債務保証制度とは(利用条件)

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




閲覧の多いページです(ありがとうございます♪)
所有権契約(購入)
有料老人ホーム 利用権契約とは
終身建物賃貸借契約とは
住み替え支援機構(マイホーム借り上げ制度)
リバースモーゲージ(金融機関の融資のしくみ)

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー