スポンサードリンク


シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニア世代の住み替えガイドサイトトップ >住み替えに関する相談機関 >>介護サービス情報公表支援センター

介護サービス情報公表支援センター

住み替えに関する相談機関

介護サービス情報公表支援センター
介護付の有料老人ホームなどの、特定施設の詳しい
情報を入手するなら「介護サービス情報公表支援センター」
がおすすめです。

「介護保健施設(特別養護老人ホーム)」「介護付き有料老人ホーム
「特定施設指定ケアハウス」の情報も公表されています。

都道府県が年1回、施設を調査し、その情報が公開されているので
(法律で公表が義務づけられている)利用者側の情報収集以外にも、
施設のサーービス向上にも役立っていると思います。

公表内容は大きく2つに分けられます

【基本情報】(事業所・施設側が報告している内容)
 ・法人の概要、施設の概要
 ・施設で提供するサービスについて
 ・職員の態勢
  (常勤・非常勤の割合、夜間の態勢、保有資格、経験年数など)
 ・運営方針
 ・協力医療機関とその協力内容
 ・入居者の概要
  (年齢、男女の比率、要介護度、入居率、退去率、退去理由など)
 ・料金体系
  

【調査情報】(実際に調査員が確認した内容)
 ・介護サービス内容
 ・事業所・施設の運営状況など

介護サービス情報公表支援センターのホームページ
  http://www.espa-shiencenter.org/ 
◆事業所・施設の運営状況・・・
シビアな話になってしまいますが
事業所・施設の運営状況は重要チェック事項です。
経営状況を判断する、簡単な方法として

入居率を確認する 方法があります。目安は、
・開設して1年以上であれば80%
・新設(1年以内)であれば60~70%

有料老人ホームが増えるのに比例して、トラブルも増えています。
経済情勢や事業者の経営状況によって利用料が変更されたり、
最悪の場合は、施設自体の運営がかなわなくなり、退去せざるを
得ない状況も、ないとは限りません。
老後の大事な資金を託すわけですから、リスクを減らす為にも、
事業所・施設の運営状況には必ず目を通すことをおすすめいたします。

★家事代行からお子さまのお世話、介護サービスまで。
暮らしをやさしくサポート「おまかせさん」




閲覧の多いページです(ありがとうございます♪)
有料老人ホーム入居一時金・トラブル
有料老人ホーム・退去に関するトラブル
有料老人ホーム・償却システム
有料老人ホーム・入居一時金「保全」の義務
有料老人ホーム・一時金の返還(短期解約特例制度)

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

ブログランキング

人気ブログランキングへ rannkinngu

プライバシーポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。